2016年12月10日

城跡攻略 [兵庫県編2]

1481331409189.jpg1481331421684.jpg1481331431337.jpg
 この数日、兵庫県の城址を攻めたり、京都山崎に行ったり また丹波篠山に戻ったりと…。
 相生市にある感状山城址には二度も山登り攻城、この城址は戦国時代の前 室町時代の城址である。

 丹波篠山城跡は徳川家康の命により築城された江戸時代の城。

 丹波八上城址は、明智光秀による丹波進攻により落城した処、城主は洛中を引き回され安土にて磔、断命した。今日夕方に再度山登り攻城する。
posted by g-photo at 09:59| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都府山崎城址

1481284876655.jpg
 山崎城址は京都市西側に位置する大山崎町天王山にある山城。
 歴史好きには重要でたまらない場所、つまり本能寺の変で織田信長に謀反した明智光秀(俗に言う三日天下)、 羽柴秀吉(中国大返し)が主君信長の仇討ち天下分け目の決戦の地だ。 
 昨夕、一時間半の山登り、山頂にある本丸に着くと、折しも日が没する寸前、夕陽の赤が本丸をまるで血に染め塗いたような光景を見せた。
 当然、撮影が終了した時には薄暗い ここ天王山中腹一帯は竹林で覆われており、竹林に身を潜めている落武者狩りの竹槍でグサッと刺されるような雰囲気であった。
 
posted by g-photo at 05:59| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

城跡攻略 [島根、広島、鳥取]

1481023064177.jpg1481023073436.jpg1481023082720.jpg1481023091397.jpg1481023098609.jpg
 九州から本州に移動、順調に島根県右矢印1広島県右矢印1岡山県右矢印1鳥取県と、ノルマをこなしてきた。
 今日、兵庫県に戻り、夕方一時間ほどの山登り攻城し、疲労困憊にて、添付画像個々のコメントを書かないで寝ます。
posted by g-photo at 20:19| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

城跡攻略 [福岡県編]

1480763458951.jpg1480763467988.jpg
 昨夕は秋月城跡、今朝は福岡城跡を攻略、共に黒田家の城だ。
 秋月城下は筑前の小京都と呼ばれ、懐かしい趣ある町であり、日中は大勢の観光客がたむろするが、日が西に傾くと一気にその姿はなく、静秘な闇に没してしまう処だ。
 
 福岡城跡の敷地は広大で石垣は波のように打ち寄せ、さすが大都会福岡を形成した黒田藩の居城だ。それゆえ、一枚の絵として成立させるポイントがなく、いつもの大手門と潮見櫓とお濠で構成する。
 撮影していると、だんだんに一筋の雲が横切りだした〜これも何かの恩恵だと思いシャッターを切る。 
 後からのこじつけではあるが、この鋭利な雲は、もしかしたら、「メロディ酒は呑め呑めのむならば〜日の本一のこの槍を…黒田節」〜武将福島正則が黒田勘兵衛の重臣、母里太兵衛友信に与えた天下無双の槍に想えてきた。僕だけに披露してくれたあの名槍の化身であろう 
posted by g-photo at 20:44| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

城跡攻略 [熊本県編]

1480642081862.jpg1480642092994.jpg1480642099838.jpg
 一昨日夕は熊本県南部芦北町にある佐敷城址を攻略、此所は熊本加藤清正と鹿児島島津氏の境目に位置する場所で対島津防御の重要な城である、凄い石垣群である。
 昨日早朝は熊本県の内陸 人吉城跡を攻略、人吉市のど真ん中を流れる球磨川から発生する霧のおかげで幽玄霧幻な光景であった。
 今朝は朝焼け燃ゆる八代城跡をゲット、加藤清正の重臣加藤可重の次男、正方が築いた城である。
 次ぎは福岡県の城跡攻略だ。
posted by g-photo at 11:05| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

大分県玖珠町道の駅にて

1480421945735.jpg1480421961093.jpg
 前のブログと前後するが、昨日 大洲市に向かう前に徳島市阿波一宮城趾を取材〜此所も一国一城令においての廃城趾。
 今朝は大洲城と大洲市を流れる肱川(ひじかわ)を狙う。
 それから九州に渡り、大分県玖珠町にある国指定史跡の角牟礼城址に挑むも、納得がいかず、明日早朝挑むことにした。
posted by g-photo at 21:20| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

愛媛県大洲市大洲城

1480338085929.jpg1480338094836.jpg
 昨日は奈良高取城址から四国鳴門市まで移動宿泊、今朝は夜も明けぬ暗いうちから阿波一宮城址まで30分ほどの筋肉痛山登り攻城。
 それから四国を250キロ西へ向かい 愛媛県の西のはずれ大洲市に来た。
 大洲城撮影は何度となく挑み、納得のいく作品をゲットしているのだが、今日夕方は前作を上回る作品を撮ることが出来た。
 と、言うわけで自分にご褒美〜行き着けのお寿司屋さんで たまには贅沢〜気の良いご夫婦、美人の娘さんと歓談する〜ひれ酒 おかわり
posted by g-photo at 22:10| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

奈良県 宇陀松山城址

1480228091933.jpg
 宇陀松山城は、戦国武将福島正則の弟 高晴が入城、しかし大坂夏の陣で豊臣方に内通したことにより改易、城は破却廃城となる。
 一昨夕は雲ひとつない天気にてイメージにそぐわず、再度昨夕登城する。暗雲が天空を走り、納得のいく光景を捉えることができた。

 奈良県に入って4日目、待ちに待った雨天悪天候、今朝は渾身の霧幻高取城址を捉えることができた。
posted by g-photo at 15:29| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

奈良県高取城址

1480054745404.jpg1480054755114.jpg
 奈良県高取城址は日本三大山城のひとつである。僕にとっても筆頭格に上げるお気に入りの城址だ。
昨日午前中、高取城址を訪ねる。紅葉はもうピークを過ぎていたが、薄霧に包まれ しっとりとした趣であった。
 濃霧に包まれた幽玄の景を捉えるべく早朝も登城したのだが期待はずれ、反対に来光に輝く景を撮る。
 
posted by g-photo at 15:21| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

京都府福知山城夕景

1479902780635.jpg
 連日連日、ぼろぼろの戦国山城址狙いで心も落城気味、まして筋肉痛にて、昨日夕方は精神も体力も休ませるために 軽く街中の平和な江戸時代の城(福知山城)を撮影した。
 しかし、今日は早朝から夕方まで播磨の山城址を三ヶ所登る。
posted by g-photo at 21:12| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする