2019年07月10日

西沢渓谷

1562728737286.jpg
 10年ぶりに山梨県にある西沢渓谷を訪ねる。ここは首都圏屈指の渓谷景勝地である。
 撮影しながら、一周10q 標高差約400bのコースを6時間掛けての撮影トレッキングであった。
 雨天により水量も多く、時に靄に戯れ、しっとりとした風景に包まれる。
 
※画面をクイックするごとに拡大されます
posted by g-photo at 12:22| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

華厳の滝 幽玄

1562682682271.jpg1562682689549.jpg
 つい先日のブログで、9月中旬まではブログを怠ります〜なんて書いてしまいましたが
 口も乾かないうちに、一昨日また撮影に出てしまった。
 日本三名瀑の華厳の滝、夜も明けね4時前に三脚を立てる。折しも昨朝は生憎の濃霧にて、5時間もの時間を費やすも、滝は真っ白な霧に阻まれ、増水による身震いするほどの爆音が鳴り響くだけ。6時間後の午前10時頃、ようやっと一時だけその姿を現した。
 しかしまた、その優美な姿は真っ白な霧の彼方へと消え失せてしまった。

※画面をクイックするごとに拡大されます
posted by g-photo at 23:35| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

竹 霖 図

1561874891700.jpg
 帰宅間近の雨に煙る竹林風情。

※画面をクイックするごとに拡大されます
posted by g-photo at 15:14| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

撮影行最終日 (宮城県にて)

1561862919226.jpg1561862927361.jpg
 連日の大雨、今日は16日間の撮影行最終日。
3日間張りつき辛うじて一瞬姿を現した昨夕の幽玄な蔵王不動滝。
 今朝は帰宅前の一本勝負、朝靄を纏う幽玄な材木岩風景。
 
 9月中旬までブログを怠ります。
※画面をクイックするごとに拡大されます
posted by g-photo at 11:51| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

宮城県秋保大滝

1561784447964.jpg1561784455207.jpg
 日本の滝百選の秋保大滝。
連日の雨降りによる増水で、轟音をとどろかせ一気に流れ落ちる。身体もカメラもずぶ濡れだ。
  
 ※画面をクイックするごとに拡大されます
posted by g-photo at 14:24| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

福島県只見町田子倉Part 2

1561595933856.jpg1561595941930.jpg1561595949236.jpg
 只見町田子倉湖の山々で展開した靄流れる幽玄な世界。悪天候ほど心身に血潮がみなぎる。
  
 ※画面をクイックするごとに拡大されます
posted by g-photo at 09:40| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

ひめさゆり Part 2

1561528424873.jpg
 今朝は雲ひとつない晴天。
昨日、汚ない雲で撮れなかったアングルを狙う。
 しかし、午後になると空全体が真っ白に覆われてしまい下山。明日からの天気は下り坂。
  
 ※画面をクイックするごとに拡大されます
posted by g-photo at 14:55| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

ひめさゆり

1561453516976.jpg1561453524409.jpg
 一旦19日にロケハンし、おそらくpeakは25〜26日だろうと判断し、本日撮影に向かう。問題は神のみぞ知る梅雨の貴重な晴れ間、午後30分だけのシャッターチャンス、ドンピシャ
 6日間待った甲斐があった。
  
 ※画面をクイックするごとに拡大されます
posted by g-photo at 18:12| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

福島県只見川霧景

1561327978690.jpg1561327985878.jpg1561327993988.jpg
 この時期の只見川は霧に包まれることが多く、幻想的な光景を見せる。なお一層の旅情を醸し出す。
  
 ※画面をクイックするごとに拡大されます
posted by g-photo at 07:36| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

福島県只見町田子倉

1561173768447.jpg1561173775957.jpg
 この山に心奪われてしまい、3日間 只見町田子倉湖に滞在することにした。
 昨朝(A) は光芒が降り注ぎ、今朝(B) は靄が舞い昇った。
 明日はどのような幽玄世界を見せてくれるのだろうか?
 
※画面をクイックするごとに拡大されます
posted by g-photo at 12:25| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする