2018年10月04日

山形県朝日町椹平の棚田

Effectplus_20181004_124717.jpg
 東北地方と言えど、紅葉にはまだ時期尚早にて田んぼ撮影。
 棚田100選のひとつ山形県朝日町椹平(くぬぎだいら)の棚田に赴く。
 今朝は冷え込み、最上川から流れきた霧が棚田を覆うい、変幻自在に見え隠れを繰り返した。

※画面をクリックするごとに拡大されます。
posted by g-photo at 13:05| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

アサヒカメラ10月号

15371160447460.jpg
 本日発売、アサヒカメラ10月号において、
表紙+グラビア7ページ+特集4ページを担当しております。
 是非とも、ご購入頂ければ幸いです。
 
 ※画像をクリックする毎に拡大されます。
posted by g-photo at 06:10| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

快適 車上生活DIY

1532653513612.jpg1532653524149.jpg1532653532498.jpg
 僕は年間200日以上をキャンピングカーで生活をし、日本全国の風景写真を撮り生業としているので車(家)の快適さが求められる。悪天候に阻まれ、同じ場所に2〜3日滞在することもざらである。
 車の左側はサイドオーニング(タープ)を拡げて雨を防げるのだが、右側にはタープが無く雨が窓から入ってくる。まして、今の時節柄 窓を開けて風通しを良くしたい。サイドオーニングの最小物でも8万円はするため、ホームセンターへ行きDIYしてみた。
 
 ※画像をクリックする毎に拡大されます。
posted by g-photo at 10:08| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

水の変幻

Effectplus_20180710_195706.jpgEffectplus_20180710_195823.jpg
 水は、我々地球上全ての生命体の起源であり、生きていく上で最も大切なものであることは言うまでもない。
 しかし近年、水による災害が多くなってきた。これもまた地球温暖化によるものだろうか?
 気象庁やテレビアナウンサーは、「50年に一度の災害」と叫ぶ。恐らく、もう50年に一度ではなく、来年も再来年も日本の何処かで水によるテロは起こるだろう。
 水は我々に対し、表裏一体変幻自在にその姿を変え、命を育み、時に牙を剥くのだ。
 1ヶ月間に及んだ撮影旅も本日で終了、帰宅する。次のブログは9月20日になります。

※画面をクリックするごとに拡大されます。
posted by g-photo at 08:00| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

西日本豪雨

1531180629631.jpg1531180644039.jpg
 福岡県朝倉市、東峰村に於ける九州北部豪雨から1年、また大規模な豪雨災害が起きてしまった。
 お亡くなりになられた方々への心よりの御冥福と、災害に遭われた皆様に心よりのお見舞いを申し上げます。
 大雨警報が発令する中、どしゃ降りの雨と激流に身震いしながら、鳥取右矢印1福井右矢印1京都右矢印1岐阜右矢印1富山右矢印1栃木まで戻ってきた。
 ニュースに映し出された場所に関しては、今回の旅でも通ってきた箇所だけに心が痛む。
posted by g-photo at 08:59| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

海鳴りの風景

Effectplus_20180705_085554.jpg1530749998956.jpg
 日本列島に前線が横たわっているから全国的に大雨。
 道すがら、鳥取県琴浦町赤碕漁村を訪ねる。此処は、僕が最も好きな写真家 塩谷定好翁の故郷。明治時代の生まれで、日本写真界の草分け的存在。いわゆる、コダックベス単のフード外したが醸し出す軟調描写で有名である。(ずいぶん古い話しだから、知らない人が殆んどであろう)
 主題 「海鳴りの風景」は、ニッコールクラブから出版された塩谷翁の写真集名。
 この漁村で生まれ、生涯この海を見つめて生きた塩谷翁を思い、作画してみた。

※画面をクリックするごとに拡大されます。
posted by g-photo at 09:22| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

世界文化遺産 潜伏キリシタン集落にて

1530657035651.jpg1530657044536.jpg1530657052321.jpg1530657060089.jpg
 長崎.天草地方潜伏キリシタン関連遺産の地に滞在、
大雨と悪天候に苛まれた一週間であった。
五島列島に於ける関連遺産には数年前に撮影済みなので敢えて渡らないことにした。
 今回の台風は通過後も前線が居座り、台風一過と成らず 敢え無く聖地を後にした。神は沈黙するばかりである。
posted by g-photo at 07:39| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

長崎県、天草地方潜伏キリシタン関連遺産

1530356119231.jpg
 本日、中東バーレンで行われている世界遺産認定会議で ようやっと 長崎.天草地方潜伏キリシタン関連遺産が世界文化遺産に決定した。 
 今、まさに登録リストのひとつである平戸市春日集落にいた。
 昨日〜今日と大雨警報に阻まれ撮影出来ずにいた。
 今夜は、このビデオを観ていた
 
posted by g-photo at 19:57| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

長崎県南島原市 原城跡

1530060050012.jpg1530060057753.jpg1530060066463.jpg1530060074846.jpg
 以前も原城跡に関してブログアップしたことがあるが再度、
 徳川三代将軍家光の時に勃発した国内最大の農民一揆 天草島原一揆(島原の乱)の終焉の地である。
 今朝も夜も明けぬ暗いうちに城内に入る。キリスト教信者でない僕ではあるが、懇ろに十字をきり撮影に挑む。
 今でも地中深くには、露と消えた信者3万7千もの骸が時を刻み静かに眠っている。

 ※原城跡も世界遺産候補にリストアップされている。

 ※画面をクリックするごとに拡大されます。
posted by g-photo at 09:43| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

熊本県天草市崎津集落

1530003018121.jpg
 崎津集落は、キリスト教禁止令(1612年、二代将軍徳川秀忠)以降 明治時代までの永年に渡り、密かに信仰を貫いたとされる いわゆる隠れキリシタンの里である。
 弾圧と潜伏、沈黙の里は、燃え盛る夕焼け空に染め上げた。

 ※今月29〜30日に、世界遺産に決定されるだろう。

 ※画面をクリックするごとに拡大されます。
posted by g-photo at 17:53| 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする